英語圏で子供をバイリンガルに育てる方法

英語圏で子供を日英のバイリンガルに育てるということは、日本でバイリンガルを育てるのとは逆の問題に悩まされます。
というのも、断然、英語が強くなってしまい、親がよほどの努力をしない限り、日本語の読み書きはおろか、流暢に喋ることさえできないのです。

英語圏で育つ日本人の子供は、一歩出れば日本語が全く必要ないばかりか、必要があると思う人がほとんどいないため、日本語上達へのモチベーションを保つのが難しいです。
日本で育つ日本人の子供はその点、英語は立派な教科として学校で教えられるので、英語力を上げるモチベーションは常に保つことができます。

お子さんの日本語力をいかに上げ、いかに維持するか、下記にその方法をまとめてみました。


日本語で話しかける

これは、バイリンガルに育てるための鉄則です。
これさえすれば、読み書きは出来なくても喋れるようにはなります。

両親が日本語を喋れる場合は、家庭では完全に日本語のみで生活するようにし、英語を締め出してしまいましょう。
そのうち現地校に通うようになれば英語は自然と身につくので、それまでに日本語を強化することが大切です。

片親のみ日本語をしゃべる場合は、その片親が日本語でしゃべりかけ、もう片方の親が英語(英語以外を話し、トライリンガルに育てたい場合は、その言葉)で話しかけてください。
これは、徹底して家のルールとして決めておき、子供が巣立つまで、守ってもらうようにしましょう。

また、できれば、家の外でもそのルールを貫いてください。
現地の人にどう思われても気にせず、日本語で話しかけましょう。
そのうち、話しかけても英語で返事が来ることがありますが、めげずに日本語で話しかけましょう。

ここで大切なのは、子供が間違った日本語を使ったり英語でしゃべった際に、指摘したり怒ったりしないことです。
間違っていれば、復唱する形で親が正しい日本語で言い直してあげてください。
日本語を嫌いにならないように、日本語の押し付けはくれぐれもしないようにしてください。

お子さんと日本語でコミュニケーションが取れるということは、とても楽しいことであり、親子関係にとっても非常にプラスです。

日系の保育園・幼稚園に通う

現地の義務教育が始まる前、つまり、英語漬けの日々が始まる前は、なるべく日本語や日本文化に多く触れられるよう、近所の日系保育園・幼稚園に通わせることをおすすめします。
子供は同年代の子供や先生たちと遊ぶことによってたくさんの言葉を聞き、使い、それを自分のものとして吸収していきます。
日系の園では、七夕、ひな祭り、節分など、一年を通じて日本の文化を感じられる環境を提供してくれます。

また、卒園してしまうと、ひらがなやカタカナを学ぶ機会がなくなってしまう子供達が多いことを認識してくれていますので、 ほとんどの園が早い段階でひらがなの読み書きの練習をはじめてくれるばかりか、 現地校に入った時に苦労しないようにとの配慮から、アルファベットも教えてくれる園もあります。
日系の園の先生たちは、ご自身もバイリンガル育児をされている人が多いですし、 たくさんのバイリンガルのたまご達と関わってきたエキスパートですので、 迷った時はぜひ相談にのってもらいましょう。

日本語補習校に通う

世界各地に、日本語補習校なるものがあります。
現地での義務教育が始まる年齢になると、週 5 日、現地校に通い英語漬けの日々が始まりますが、 それに加え、土曜日に日本語補習校に通うことで、日本に住んでいる同じ学年の子供と同等もしくはそれに近い日本語力を付けることが可能です。

補習校では、毎週土曜日に、日本の子供達が一週間かけて学ぶ内容を1日で教わるため、授業はかなり駆け足になりますし、また多くの場合、宿題の量が膨大で有名です。
教科は国語と算数(数学)が中心で、日本と同じ教科書を使います。

ほとんどの場合、補習校は誰でも入れるわけではなく、受験をする必要があります。
そして、お住いの地域によって、入学の難易度はまちまちのようです。
日本語教育に熱心なご家族(駐在員家族など)の多い地域では、補習校への入学準備をしてくれる塾や幼稚園もあります。
たとえ入学できても、遅れをとった場合、同じ学年に残ることはできず、退学になるなど厳しい面もありますが、それだけに、最後まで修了すれば大きな力になります。

また、日本語を話す友達と継続的に触れ合える場でもあり、勉強は嫌いだけれど仲間に会うために学校に行きたい、と言う子が多いようです。
ボランティアなどで日本人の親同士のつながりもできます。

定期的に日本に一時帰国する

暮らしている場所での日本語環境の充実も重要ですが、定期的に日本に一時帰国し、祖父母やいとこ達と触れ合うこともとても大切です。
日本の文化に直に触れさせることで、日本に親しみを持ってもらい、自分の文化として認識させるようにしましょう。

こうした経験を通して、子供は、日本語は使えるものであるという認識になり、また、日本語が喋れるといいことがある、楽しいことがある、日本語ができるということは素晴らしい、という考え方になるのです。

毎年決まった時期に帰省するご家族もいると思いますが、いつ帰省をするか迷ってしまう方もいると思います。
できるだけ多く帰省できると良いですが、

「そんなこと言ったって、(自分や夫の)仕事は忙しいし、お金も限られてる!」

と思われる方もいらっしゃると思います。
でも、大丈夫です!
時期を選んで行けば、たった1週間の日本滞在でも、何倍もの効果を上げることができます!
(なんか変な宣伝文句みたいになってきましたね・・・)

ここでは、時間とお金を最大限に有効に使ってお子さんの日本語力を上げていただけるように、
それぞれの季節に帰省する利点と欠点を挙げてみたいと思います。

Spring - 春

春はなんと言っても、桜のシーズン。 地方によりますが、3月下旬〜4月の頭になると思います。
ちょうど春休み〜入園式の季節なので、家族や親戚と一緒に集まれる機会も多いかと思います。
気温も上がり始めて、ポカポカ陽気の日が増え、とても良い時期だと思います。
航空券代も2月などと比べると高いですが、そう高くはありません。

Sakura

4月の終わりから5月の頭にかけてのゴールデンウィークも狙い時です。
この時期は天候・気温ともに全国的に過ごしやすいと思いますし、実家に帰省する人が多いので、家族や地元の友達と確実に会うことができます。
ゴールデンウィーク中の欠点は、人混み。どの観光地に行っても人ばかりで、ゆったりとした海外の暮らしに慣れている場合は疲れてしまうかもしれません。
また、帰省ラッシュ・U ターンラッシュで飛行機代が高くなるので日本国内を飛行機で旅行するには向かないですし、新幹線なども早めに指定席を買う必要があるなど、事前の計画が必要です。

6月ごろになると梅雨に入ってしまうので、この時期の帰省はギャンブルですね。

Summer - 夏

北海道や東北をのぞいて、夏はなんと言っても日本全体が蒸し暑いですね!
でも、海水浴や潮干狩りや屋外プールなどが楽しめるので、子供には良い季節かもしれません。

日本の学校が夏休みに入る前なら、ぜひ、日本の地元の学校に体験入学をさせてもらいましょう!
学校によると思いますが、期間は1週間〜1ヶ月くらいになると思います。

一方、日本の学校の夏休みに合わせて帰省する場合、子供はいとこたちと一緒に遊べるので、とても良い夏の思い出ができること間違いなしです!
お盆休みもあり、ゴールデンウィークと同様な利点(と欠点)があると思います。
また、ゴールデンウィークと違いこの季節の日本行き航空券は毎年非常に高くなる傾向があるので、家計には痛いですね。

Fall - 秋

「食欲の秋」と呼ばれるくらいなので、秋は食べ物が美味しいですね。
そして秋は紅葉が綺麗なので、春の桜と同様、日本の自然の美を鑑賞するには良い季節です。

Koyo

Winter - 冬

冬は、クリスマス・お正月にかけて帰ると、イベントが盛りだくさんで楽しいです。
飛行機代の傾向としては、12月初旬は比較的安く、クリスマスに近くにつれて高くなり、クリスマス後に少し下がります。
なんにしても、お正月を日本で過ごしたい人が多いので、少々高めになってしまいますが、お年玉をもらったり、
おせち料理を食べたりといった体験はこの季節しかできないので、ぜひ帰省したいですね!



日本語の本を読む

お子さんが生まれたら、できるだけ早い時期から絵本の読み聞かせをするようにしましょう。
日本の Amazon 等から日本語の絵本を購入することができますし(送料はかかりますが、アメリカ西海岸だと4日ほどで届きます)、日本にいる家族に送ってもらうこともできます。
大きな都市だと、ブックオフや紀伊国屋があるかと思います。

また、日本人や日系人の多く住む地域では、公立図書館に日本語の絵本や本のコーナーがあります。
日英バイリンガルのプログラムを提供している私立校の図書館や、日系コミュニティーの施設でも貸し出しをしていることがあるので、探してみてくださいね。

日本語の本・絵本が読める海外の図書館:

日本語のゲームをする

「英語圏で子供をバイリンガルに育てる方法」でも書きましたが、日本国外で育った日本人・日系人の中で、完璧なバイリンガルとなった人には共通点があります。
それは、皆さんかなりのゲーマーだということです。
アニメ好きも多いですね。

日本には任天堂やSONYといった、優秀なゲーム機やゲームソフトを開発する会社がたくさんありますので、アメリカでは発売されていないソフトを取り寄せたりして、子供の興味を利用して日本語を向上させましょう。

注意点として、例えば、Nintendo 3DS などのゲームソフトは、日本で発売されている Nintendo 3DS のゲーム機でしかプレイできません。
そのため、ゲーム機も一緒に日本から取り寄せる必要があります。
いっそのこと、アメリカで発売されているゲーム機は一切買い与えず、日本で売られているゲーム機とソフトのみ買い与える、というのも効果的かもしれません。

最近は、スマホや iPad などのタブレット用のゲームも増えていますので、それを利用してもいいですね。
この場合は、日本から機器を取り寄せる必要はありません。

日本の教育番組やアニメを見る

子供達の間でゲームと並んで人気なのは、日本のアニメです。
アンパンマンやドラえもんといった懐かしのものから、妖怪ウォッチなどの新しいものまで、日本にはたくさんのアニメがあります。

宮崎アニメの DVD などは現地のお店でも売られており、英語だけでなく日本語の音声・字幕も含まれているので、お買い得です。

また、「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」のような NHK の教育番組も、幼児の日本語の教育には効果的です。
アニメや教育番組のキャラクターを知っていると、日本に帰省するたびにグッズを買う楽しみなどが増えるので、親子で帰省が楽しくなりますよ。

日本語のステータスを上げる

外国でバイリンガルを育てるにあたり、その国での日本語のステータスはとても大事です。
子供は敏感にそれを感じ取ります。日本語ができるということが、実用的だったり、かっこよくないと、ダメなのです。

残念なことに、アジアの他の国での日本語のステータスは高いかもしれないですが、英語圏での日本語のステータスは高くありません。(フランス語などと比べて)
その分、ご両親や子供を取り巻く人々が協力しあって、お子さんの目線においての日本語のステータスを上げることが大切です。



いかがでしたか?
日本国外でお子さんを完璧なバイリンガルに育てることは一筋縄ではありませんが、親子で楽しみながら日本語を学んでもらってくださいね!


シェアする